若手の会シンポジウム:若手研究者が目指す平滑筋研究の未来とは!

 平滑筋学会の最大の魅力である「臨床と基礎が同じテーブルで議論する」ことを実践し、その先に見える「多様性の融合」を目指したシンポジウムです。今回は消化器・循環器・泌尿器3分野でそれぞれ臨床系・基礎系の研究者にご講演をお願いしました。各分野の若手フロントランナーに最先端の現在地とその先に広がる未来について語っていただきます。コロナ時代・ポストコロナ時代を乗り越える研究の相互ネットワークづくりのヒントが見つかると期待しています。

 6名のシンポジストの先生方には自らの研究を十分に語っていただき、ご参会の皆様との間で熱い議論を交わしていただきたく2時間半の枠を設定いたしました。Web場ではありますが、良い交流の場となることを大いに期待しています。